• 白いおうむの森
    この小説の結局に見れば、けっこう理解できなっかた。なんか終わらないはず、だが、そのままいきなり終わった。 主人公はみずえという女子小学生と彼女のねこ「ミー」、それ以外、白いおうむはその小説の鍵です。でも、最初から白いおうむは変なインド人の宝石みせに現れた、そのインド人のペットとして。みずえはその白いおうむにとても...
  • 标签:, 发表于 2019-07-21 19:22 Post by 雪峰
  • 「白いおうむの森-雪窓」の感想
    この短篇小説の主題はたぶん「雪窓というおでん屋台のおやじさんは死んだ娘(美代)に似てる少女を探すために山を越えていろんな怪物と変なことを見た」です。 まあ、この物語は分かりやすくて簡単なものです。だが、その背景はちょっと面白い。話できる動物(たぬき)や伝説の妖怪たち(てんぐ、一目、子鬼など)、また最後に美代に似て...
  • 标签: 发表于 2019-06-03 22:52 Post by 雪峰
  • 杀死一只知更鸟——做一个像阿迪克斯一样的人
    前不久看完《杀死一只知更鸟》这本书,本书虽然是从一位小女孩(斯库特)的角度来描述20世纪30年代左右(经济大萧条时期)的某个美国南方小镇(梅科姆镇)发生的一段日常琐事,但其中也蕴含着许多人生哲理和大人世界的无奈。 这一段日常琐事是以某个具有冲击性的事件发生的前后,以时间轴顺序进行描述的。虽然故事的开头和结尾都与怪...
  • 标签: 发表于 2018-11-11 23:01 Post by 雪峰