• 白いおうむの森
  • 雪峰 发表于 2019-07-21 标签:,
  • この小説の結局に見れば、けっこう理解できなっかた。なんか終わらないはず、だが、そのままいきなり終わった。

    主人公はみずえという女子小学生と彼女のねこ「ミー」、それ以外、白いおうむはその小説の鍵です。でも、最初から白いおうむは変なインド人の宝石みせに現れた、そのインド人のペットとして。みずえはその白いおうむにとても気に入りので、ほとんど毎日その店に見にいきます。物語りの 転機はミーがそのおうむを食べました、行為は急に変になりました、最終家から失踪しました。

    ミーが白いおうむを食べたので、ある特別な能力を持ってきた。白いおうむはこの小説に死んだ人と生きてる人の「お使い」として奇妙な存在であります。ちょっと無理解なこのはなぜ白いおうむがその能力を持てるの?白の色とおうむはなんの特別な意味があるの?古い伝説とか物語りとか、その中にそういうイメージがあるの?

    みずえはミーに従って、インド人の店の地下道に降りて死者の世界に来ました。その世界は地獄と天国じゃない、階層があるみたいです。普通の死者は大きい木の下に座って、その枝の上に人によって数が違うの白いおうむが落ちてる。一匹の白いおうむは現実の一人と死者の間の「お使い」です、つまり白いおうむは現実の生きてる人と死者との連絡かたです。小説には普通の死者住んでいる場所はいろいろな危険もある、狼とか鬼の火とか、その危険は白いおうむが飛んでいく時ができる。彼らは一つの危険な道を通して、本当の極楽浄土(ごくらくじょうど)へ到着できます。だが、その道を無事に通すのは一つの条件が必要だ、強い光が必要です。例えば、巨大な白いおうむ。

    最後の結局はちょっと早まったと思います。その世界の人々(その中にはみずえの死んだお姉さんもある)はミーを強い光としてみずえにミーを引き渡すのを願った。そして、みずえとミーは急いで現実の世界に逃げました。インド人はみずえにミーを貸してその世界へ死んだ婚約者を会いますでも、インド人とミーは最後にも帰らない、物語りはそのままいきなり終わってしまった。この小説の結局に見れば、けっこう理解できなっかた。なんか終わらないはず、だが、そのままいきなり終わった。

    发表评论