• 「白いおうむの森-雪窓」の感想
  • 雪峰 发表于 2019-06-03 标签:
  • この短篇小説の主題はたぶん「雪窓というおでん屋台のおやじさんは死んだ娘(美代)に似てる少女を探すために山を越えていろんな怪物と変なことを見た」です。

    まあ、この物語は分かりやすくて簡単なものです。だが、その背景はちょっと面白い。話できる動物(たぬき)や伝説の妖怪たち(てんぐ、一目、子鬼など)、また最後に美代に似てるあの少女使った手袋(てぶくろ)、まるで魔法のようにたくさんの人を呼び出して雪窓屋台の前に集まっておでんを買いました(それも半夜です)。中国でも昔はいっぱいそういう不思議な物語です。

    でも、一番つっこみたいのはなぜ文章の最後いきなり終わりました…あのみぞのように少女再会始めるのに、手袋を使った後自分の出身を話すはずです。そのまま消えてちよっと不理解です!

     


     

    自分が想像によって「雪窓」を書きました。

     

    发表评论