• 白いおうむの森——家
  • 雪峰 发表于 2019-12-28 标签:,
  • この文章は簡単に言えば、ある猟師(りょうし)が一匹の丹頂鶴(たんちょうづる)を間違えて殺した、そしてあの鶴がひとつ特別な復讐をやりました。

    なんで特別って言う?だって、殺されたのにあの鶴(たぶん魂?)は女の姿に変化して、猟師の結婚にお祝いとお礼をいただきました。それだけじゃない、あの礼物(ひとつのひらべったい皿)のせいで猟師の家族が栄えになって大きくなりました。これを見たどうしても復讐の行為と思いなっかた、むしろ恩(おん)の返しだと思います。

    転機は猟師の死んだ後で現れた、猟師の妻はあの皿に一匹の鶴を出現(しゅつげん)した。さらに、それ以来この家族の人がいろいろな病気でどんどん死んでいきました。1人死んだたびにあの皿に一匹の鶴を増えます、最後までこの家族はただ1人の女の子が残りました。

    この物語りはちょっと意外な結局を持っています。だが、少し考えてみたらその結局はそんなに意外とはないかもね。だって、もともとこの物語りは鶴(つる)の復讐という物です、ただその復讐行為は最初からぜんぜん思いなかった。楽しみから悲しみになって、幸せから不幸になって、希望から絶望になって、それらこそ最高の復讐です。一般の人間はもし最初が幸せな人生を過ごしたら、後で不幸に出会う時絶望感は倍になります。そう考えたら、あの鶴は本当に腹黒い(はらくろい)ですよね。

    发表评论